ACHIEVE THE IMPOSSIBLE
他社の「できない」を私たちなら実現します。
STRONG POINT
当社の強み
プレス加工で作ったとは思えないほど
高水準のプレス部品の工法開発に全力を注ぎます。
精密板鍛造加工による差別化技術
寺方工作所が独自に開発した成形法で現在の主力です。高精度端面・ダレ最小・高精度平面度・形状精度を崩さず外形を切離す・高精度切離し・端面成形上面、下面・立体形状・カエリ無し・破断面無しという特徴があります。『第5回ものづくり日本大賞』の優秀賞を受賞。業界トップの技術であり、研究会セミナーや専門誌での発表をおこなっています。
温間加工技術
新技術の弊社独自の温間加工にて断面の全剪断が可能となりました。厚さ15ミリの歯車形状品にて実証済みです。ステンレス鋼・鉄系材料の温間加工技術をおこない、各方面のお客様より大きな評価を受けています。
温間加工技術
高い技術力
高い技術力
熟練者の経験と勘による高い技術力に加え、これを丹念に数値化・見える化することで特に精度が求められる基幹製品の製造を可能にしました。
一貫体制による高品質化
一貫体制による高品質化
金型から出荷までを一貫しておこなうことで高品質化しています。例えばプレス加工で不具合があってもすぐ金型設計にフィードバックできるので品質を上げることができます。
FACILITIES
設備紹介
板鍛造でのモノづくりの第一歩は、できあがった製品を精密測定することです。 精密測定した結果を金型にフィードバックすることで、より高精度の製品形状を作り上げることができます。寺方工作所では、より高精度な製品を製造するために必要とされる測定機器を多数取り揃えています。
BUSINESS
事業内容
高精度の製品づくりを追求し続け、
かつ、コスト低減をお客様にご提案いたします。
株式会社寺方工作所では、鳥取県において、自動車部品・精密部品の製造をおこなっています。 お客様の抱えている課題・問題を解決し、同業他社との差別化技術を確立、高精度の製品づくりを追求し続け、かつ、低コスト化することによりお客様の満足度を最大限に高めます。
・極薄物加工
・薄物超小物加工
・精密絞り加工
・焼入材等の高硬度材料の打抜加工
・精密板鍛造加工
RECRUITMENT
採用情報
日本のものづくりを支える 会社であり続ける
当社の部品は、変速機構部品・電動制御部品・オイルポンプ部品・シート部品を主として、自動車の様々なところに使われており、当社が開発した独自の技術で日本のものづくりを支えています。私たちは、世界に通用するような素晴らしい製品づくりを目指し、社員一丸となって日々研鑽しています。
 
モノづくりに興味のある方、業務を通じて自分自身を成長させたい方からのご応募をお待ちしています。一緒に「モノづくり」をして充実した日々を送りましょう!